注文住宅にはどのくらい費用がかかるのか

注文住宅を建てるにはどれだけお金を準備すれば良いのかよくわからない人もいるはずです。
土地代や付帯工事費、住宅ローンの諸費用など、家づくりには建築物だけでなくいろいろな費用がかかります。
また家を建てた後にも維持費や修繕費といったランニングコストがかかりますし、長く住み続けるにはリフォームのことも考えておく必要があります。
ここでは家を建てるとき、また建てた後にかかる費用についてのポイントを説明しますので、予算を考えるときの参考にできます。

注文住宅の予算オーバーが心配?それならこのポイントを抑えて不安を解消しよう!

注文住宅の予算オーバーが心配?それならこのポイントを抑えて不安を解消しよう! 注文住宅を建築するときに予算について考えるのはとても大切です。
土地代や建築費用のことばかり考えていると、思わぬ出費に焦ることになります。
まず注文住宅を建てるときの費用は大きく4つに分けられます。
土地代や設計費、建物工事費用や別途工事費です。
土地代や建物工事費用は、土地の購入や建物本体の建設費用で、別途工事費は水道管の引き込みやプロパンガスの配管工事費用です。
これらの他にも税金や登記、住宅ローンの手数料や保証料が必要になります。
地鎮祭や棟上げ式、内装費も必要になるので想像以上にかかるのが実状です。
ですから注文住宅を建てるための予算は全額土地の購入や建物工事費と考えるのではなく、あくまで総額と考えておけば安心です。
総予算に占める配分率は土地代4.5割、設計・建築費用3割、別途工事費用2割、諸経費0.5割が一般的です。

注文住宅のトータルコストはどれくらいかかる?

注文住宅のトータルコストはどれくらいかかる? 一生に一度の大きな買い物といわれているマイホーム購入は、理想の家を手に入れるためにもこだわった注文住宅を選択する方が増えています。
ただ注文住宅は大きさによってかかるトータルコストは異なり、家が大きくなるほどたくさんの費用がかかります。
ただ予算内で後悔しない家創りをするためにも、全国の平均的なトータルコストを把握していると指標となり、必要な設備やカットすべき部分など考えやすくなります。
全国平均の数値は住宅面積が130㎡の約39坪となり、建設費は3,350万円程度といわれています。
単純に割り算をしてみると坪単価は約86.5万円であることがわかります。
平均値よりも小さめの100㎡の住宅ならば建設費は約2,600万円となり、より大きな165㎡の約50坪の住宅ならば建設費は約4,300万円という目安が得られます。
さらにここから建設費に含まれてこないその他の費用をプラスすると、約30坪の住宅はトータルで2,800万円程度で、約50坪の住宅ならトータルで4,500万円程度になります。
この数値から三大都市圏、特に首都圏になると他の地域と比較して坪単価が高くなるので同じ大きさの住宅でも費用が高くなる傾向があることを把握しておきましょう。

注文住宅に詳しいリンク

大治町で注文住宅を建てるならこちら!